2016年07月05日

社会福祉法人翔の会 @

shonokai.jpg

社会福祉法人翔の会
施設長:太田 英次郎
事業内容:福祉施設の運営

【施設長の業務】
 利用者への弁当配送、地域の交通誘導、現場の管理・指示、法人全体の災害委員会の主催、人権権利侵害委員会会議への出席、施設改修工事に必要な資金・設計・施工の管理など

【学生の頃はどのような過ごし方をしていましたか】
 小さい頃から高校までサッカーをしていました。大学時代はクラブ活動やバイトはしなかったですが、ボランティア活動は行なっていましたね。知的障害を持っている方に勉強を教えたり、旅行の補助を行なったりしました。この時は福祉に行くとは思っていなかったです。
 就職活動時はSEの会社にエントリーして、内定をもらいました。ただ、懇談会で違和感を覚えて、辞退しました。それでたまたま翔の会の求人を見て応募をしたんです。就職前の実習は、様々なことにショックを感じましたが、とりあえず3年頑張ってみなさい、ということでここに就職を決めました。

【就職についてどう考えていますか】
 自分がなりたいものに一生懸命取り組むことが苦じゃない仕事を選ぶことが重要なんじゃないかって思います。苦しいなって思うと自然と人生がつまらなく感じちゃうと思うんですよ。キツい仕事はもちろんありますが、感謝されることもあります。自分がやっていた仕事って誰かが必ず見てるものだと考えています。自分の時間を使ってでも、相手のためになりたいと思える仕事があれば最高だと思います。私はそれで福祉を選びました。

【インタビュー余談】
 インタビューでは福祉へのイメージの話にもなりました。「仕事は長く、きつく、給料は安い」一般的にはそう考えられているからこそ、そのイメージを払拭しなければならないと太田施設長はおっしゃってました。労働環境の日々の改善や賃金の底上げ、社員間のコミュニケーションの向上など、多方面のフォローを徹底しているそうです。
 最後に「地域に密着、一緒に共存できる場を提供していきたい」という言葉で締められました。

会社HP
Jobwayページ
posted by ジョブー at 12:14| 企業紹介