2016年11月28日

キョーデン設備株式会社 @

【 インターンシップ生の企業インタビュー2016 】

第16回:キョーデン設備株式会社

本社:神奈川県横浜市鶴見区
従業員数:6名
代表者:角田 孝志

就活生の皆さんに代わり、大学生目線からキョーデン設備株式会社のマネージャー・角田佳代さんにインタビューを行い、その内容をまとめた企業紹介記事です。

1.業務について
 業務は大きく分けて施工チームと総務チームの2つ、職種は電気工事士・現場代理人・総務の3つあります。
<施工チーム>
 ◆電気工事士・・・設計図や施工図を元に、現場での施工を行う。
 ◆現場代理人・・・各々の現場の施主・設計事務所さん、所長さんと打ち合わせを行い現場が円滑に進むよう管理または必要な手続きを行う。現場代理人は、覚えることがたくさんあり、すぐに達成感を得るには難しいですが、覚えた分だけ、成長してスキルアップできる業務だと思います。
 総務チームは、直接施工に係るわけではありませんが、現場代理人の補助的な業務や書類の作成など、社内が円滑に進むように業務を行います。
 繁忙期については、時期的にいつとは言えませんが、建物が完成する直前が忙しいです。また、夜勤は、1年を通してほとんどありませんが、日中に施工ができない物件や工事内容については、夜勤になることもあります。転勤はありません。

kyoden_2016.jpg

2.社風・職場の雰囲気
 社風は、明るく元気な挨拶を基本に、どんなことも前向きに行動していけるよう心がけています。職場の雰囲気は、アットホームでなんでもフラットに話をできる環境です。社内行事については、会議後の飲み会だけでなく、お花見クルーズや花火鑑賞、家族参加の地曳網などバリエーション豊かです。

kyoden_20160401.jpg

3.弊社が大切にしていること、経営理念、同業他社との違い
 キョーデン設備が仕事を通して大切にしていることは、常に学ぶ姿勢を持ち、みんなで協力し達成すること、受け身ではなく、自発的に行動することです。
キョーデン設備のロゴは、人と人とが手を取り合い、協力し合っている姿を表現したものです。「協力し合い」、「共に栄え」、「常に成長」を表す言葉から、漢字ではなくカタカナの「キョーデン」と名付け、すべての人たちが幸せになれる会社を目指そう!ということが、創業時からの変わらぬ想いです。

logo_green-01.jpg

 同業他社との違いは、提供したいものを提供するのではなく、いかにお客様の手をわずらわせずにご要望をくみ取り、最大限そのご要望にあったものを提供することです。そのためにも、迅速に対応し、お客様にとって目先のコストだけでなく、将来的に有利な施工方法、商品を提供したいと考えています。

4.学生に求める素質
 学生に求める素質は、とにかく、素直で明るく元気なこと、どんなことにも前向きに取り組み失敗を恐れない向上心を持っていること。常にアンテナを張って、いろいろなことに興味を持ち、取り組んでいけることが大切だと考えます。

5.学生・就活生へのメッセージ
 就職活動をしていく中で、なぜ人は働くのかを真剣に考えてみてほしいです。そして、十年後の自分が同じ問いに対してどんなふうに考えているのかを想像してみてください。働くことは、決して楽なことではありませんが、考え方次第では、とても楽しいものになり得ます。楽しいものになるかどうかは、あなたの考え方次第です。
 ぜひ自分に合った職業を見つけられるよう試行錯誤してください。がんばる皆さんを心から応援します。

kyoden_201510.jpg

≪ 感想 ≫
 キョーデン設備株式会社について角田佳代さんにインタビューしてみて、私はインタビュー当日緊張していたのですが、角田さんはすごく明るく気さくな方で私の緊張をほぐしてくれて、インタビューを円滑に進めてくれました。社風でも掲げていたように職場の明るい雰囲気をすごく感じました。
 業務内容については一つ一つがすごく繊細な作業なので、不器用な私には苦手な分野でしたが、お客様の立場に立って日々仕事をなされているので、素晴らしい企業だと感じました。
 また、今までインタビューしてきた企業のなかで一番と言っていいほど社内行事のバラエティーが豊かで家族ぐるみの行事もあるので皆さんの仲の良さがうかがえました。私も、キョーデン設備さんのようなアットホームな企業に勤めたいなと思いました。

Jobwayページ

≪ インタビュアー・執筆:専修大学経済学部 2年 ≫
posted by ジョブー at 12:56| 企業紹介