2016年12月08日

株式会社ハイスポット @

【 インターンシップ生の企業インタビュー2016 】

第24回:株式会社ハイスポット

設立:1997年(平成9年)6月
本社:神奈川県相模原市南区相模大野
業務内容:ソフトウェア開発・ITサポート

代表者:杉本 祥一
hispot_1.jpg

 かながわJobwayに参加されている株式会社ハイスポットの常務取締役である熊坂武男氏と社員の方にインタビューを行いました。そのインタビュー内容および現役大学生である私が感じたことを執筆したのが本記事です。

1.業務
 医療システムをはじめとした多岐にわたる分野のソフトウェアを開発しており、医療用精密機器や管理、医療プリンタのためのソフトウェアの他にもカーナビ関連、ハードウェア診断のソフトウェア、公共施設予約システムの開発などを行っています。このように医療系のソフトウェアには特に強く、また、通信系などにも精通しています。
 仕事の性質上、他社の動向に左右されることが多く、仕事の納期が重なりやすい年度末は平均して忙しいことが多いため、この時期は残業が続き社内もはりつめています。また、お客様とのイメージの食い違いなどが起こることもあり、コミュニケーションを向上させることで対応しています。
 しかしその分、仕事をやり切ったときやプログラムを完成させたとき、また、相手の期待に応えられたときには大きな達成感を感じることができます。

2.社風・雰囲気
 今は、経験者がなかなか採れないので最初からプログラミングがわからない人を前提にしており、そのため教えていく情熱は人一倍あります。実際に話を聞いた社員の方は元々文系であり、コンピューターはまったく未経験だったとのことでした。当時は自分の思い通りにプログラムが動かずになやんだこともあったそうです。
 親睦会として、駅伝や社員旅行、バーベキューなどがあります。また、同じ趣味を持つ人同士で、企画することもあるそうです。
 社内は、社員の机が一つずつ並んでおり、お互いを区切る仕切りなどはないので簡単なおしゃべりなどは可能となっています。プロジェクト同士や、すぐ隣の先輩たちとはよく話すそうです。
 このように、社内は全体的に、風通しがよく、フランクな雰囲気です。
 
hispot_3.jpg

3.ハイスポットの理念
 ・ソフトウェアでより高いサービスを!!
  お客様に欲しがられるサービスを提供し続ける
 ・社員とともに成長し続ける
  簡単な仕事から難しい仕事ができるようになるまで、いかに社員を育てていくか

4.ハイスポットが求める素質
 前述したとおり、プログラミング経験は必要ありません。モノ作りが好きか、プログラミングに興味があるか。また、それ以上にコミュニケーションができる・人の要望を聞き出せるといった人を求めています。真摯や誠実で向上心がある人も当社にとって必要です。

5.学生へ
 ・社会性を身に着けてほしい
 ・何でもやりたいことはやってみよう
 お客様とのやり取りを通じて、相手の望むものを提供していく仕事なので、細部までしっかり聞き出すことが必要となります。また、様々なことに興味を持ち、挑戦していく姿勢もソフトウェア開発には必要となってきます。

hispot_2.jpg

ハイスポットに関してより深く知りたいと思った方は是非、会社説明会にお越しください。ご来社お待ちしています。

会社HP
Jobwayページ

≪ インタビュアー・執筆:専修大学商学部 3年 ≫
posted by ジョブー at 12:32| 企業紹介