2016年12月14日

社会福祉法人翔の会 A

【 インターンシップ生の企業インタビュー2016 】

第27回:社会福祉法人 翔の会

代表者:河内智恵子
本社所在地:神奈川県茅ケ崎市芹沢
拠点:34施設(59事業)/2016年4月1日現在
従業員:705名(男:218名、女:487名)

就活生の皆さんに代わり、大学生の目線から翔の会・採用担当の吉田明恵さんにインタビューをさせていただきました。以下の記事はインタビュー内容をまとめた企業紹介記事です!

1.業務について
 ・障害者支援施設:施設入所支援、グループホーム、障害者通所施設(クッキー作り、焙煎珈琲、味噌作り等)など
 ・高齢者介護施設:特別養護老人ホーム、デイサービス、訪問介護、委託介護支援、地域包括支援センターなど
 ・児童施設:保育園、児童発達支援センター、放課後等デイサービスなど
 繁忙期はありませんが、利用者様のお食事やお風呂の時間などは、食事を喉に詰まらせたり、足を滑らせたり等の危険がないように、職員は特に気を配って仕事をしています。夜勤については、事業所が34施設ありますが、入所支援施設など利用者様が生活をしている施設に配属になればあります。異動はありますが、翔の会の施設は茅ケ崎市・寒川町内にすべてあるので、茅ケ崎に住んでいれば問題ありません!
 また、翔の会では、妊娠や出産を経て職場復帰をする職員が多く、勤務時間を職員のライフスタイルに合わせて調整できるので、復帰後も安心して働くことができます。

2.社風について
 職場の雰囲気は、みんな家族のような感じで話しかけやすく働きやすいです。非常勤の方は主婦層が多く、正職員は若い方が多いため、仕事のみならず色々な事を相談できます。またイベントに関しては、研修や懇親会、事業発表会などがありますが、職員のみで行うイベントだけでなく、利用者様と一緒に楽しむイベントも多いです。

3.同業他社との違い、経営において大切にしていること
 翔の会は、職員がやりたいと思っていることを実現しやすい会社です。毎年、障害施設の利用者様たちが希望する場所へ、職員が計画を立てて遠足や旅行に行くのですが、ある年は利用者様が希望した「横浜中華街」に遠足に行くことができました。
 また、翔の会は経営する上で‘誰もが地域で暮らせるために’を合言葉に、一人ひとりをかけがえのない存在として尊重し、寄り添う支援を大切にしています。

4.採用するにあたって
 求める人物像は、人を支援することが苦ではない人、利用者さんと楽しんだり悲しんだり感情を共感できる人、和をみださない人で資格・能力は特に必要ありません。いろんな業界・職種を研究してみて自分が働いている姿を想像してやりたい職業を選択してみて下さい。

<感想>
 私が訪問させていただいた翔の会さんの施設の一つである福祉総合援助施設「空と海」は、茅ケ崎市の自然豊かな場所にあるのですが訪問当日、山道に迷ってしまい少し遅刻してしまいました。肌寒い季節でしたが、息切れしている私を見てキンキンに冷えたお茶を出していただき、お気遣いに感動しました。このように人を気遣ってくれる優しい方々がいる翔の会は働きやすい職場なのだろうな〜と感じました。また、介護の仕事というのは日常生活の手助けをする仕事というイメージを持っていましたが、利用者様を楽しませるために遠足を計画したりと、私が思い描いていた介護という仕事と違ったので、このインタビューを通して新しい発見をすることができました。

会社HP
Jobwayページ

≪ インタビュアー・執筆:専修大学経済学部 2年 ≫
posted by ジョブー at 12:34| 企業紹介