2016年12月15日

株式会社栄港建設 @

【 インターンシップ生の企業インタビュー2016 】

第28回:株式会社栄港建設

本社:横浜市港北区北新横浜
従業員数:27名(男 19名、女 8名)

代表取締役社長:岡田 雅人
eikou_top.jpg


 就活生の皆さんに代わり、私が大学生目線で栄港建設について専務取締役・岡野美紀子さんにインタビューを行い、その内容をまとめた企業紹介記事です。

1.業務について         
 ・注文住宅を中心とした木造、RC造などの施工管理
 ・中高層ビル、工場の施工管理
 ・リフォーム、メンテナンス
 ・ahed:動物病院づくりのサポート
 ・WHAIS:女性建築家プロジェクト
 ・archi-port:様々な分野のプロフェッショナル集団
 業務内容は大きく分けて上記の6つに分類されます。その中でも今回のインタビューではWHAISプロジェクトの一環で行われている「暮らしのワイワイ教室&家づくり展2016」というイベントに参加させていただきましたので、WHAISについて詳しく説明します。
 WHAISとは、実力ある女性建築家を中心としたプロジェクトチームです。このプロジェクトを始めたきっかけは、家造りに長く携わってきて、住まいの鍵は女性が握っていると感じる場面に数多く出会います。しかし、間取りや機能など設計の多くの部分は男性目線で作られがちです。そこで女性が自分の要望を十分に伝え、それを実現すために建物の細かな部分まで住み手の立場に立って考え、親身に対応できる女性建築家やデザイナー達をご紹介する場を提供したいと思い始めました。

IMG_3658.JPG

2.社風・大切にしている理念について
 社内はアットホームな雰囲気で優しい人が多いです。男性の方は割と静かな方が多いですがみんな手先が器用ですので、色々な事を手伝ってくれます。イベントは社員旅行やBBQ、餅つきがあります。大切にしている信条については、「画竜点睛を欠くことのないように」です。私たちはこれを肝に銘じて、信用を第一に、どんな困難に直面しても「逃げない」家造りをモットーにしてきました。また、社員教育に力を入れており、社員を大切にしています。

3.同業他社との違い
 栄港建設に入社すると、自分の能力を開拓することができます。また、自分がやりたいことを上司にアピールして新規事業を始めることができます。上記で紹介したWHAISもその一つです。初めは利益がでるかわからない事業でも、会社に面白そう!と納得してもらえれば新規事業として採用してもらえます。それらが仕事につながっていって後々利益を上げています。
 これらの新規事業の中で私が興味をもったものは、モンゴルの会社と業務提携を行った事業です。この事業はモンゴルでワークショップを開催し日本の建築技術を教え、モンゴル人の現場監督を育成するという事業です。今となっては台湾にまで活動を広げている事業です。このように栄港建設は国内の事業のみならず世界で活躍するグローバルな企業です。

IMG_3660.JPG

4.採用するにあたって
 建築が好きな人、人が好き、ものづくりが好きな人を募集しています!特別な資格・能力は特に求めていません。近年、女性現場監督の需要が増えている傾向にあります。栄港建設では現場監督を目指している人のサポートも行っておりますのでお待ちしております!

5.学生・就活生へのメッセージ
 時間のある学生のうちに様々なことを経験し、人間力とコミュニケーション力を高めていくことが大切!!

IMG_3659.JPG

< 感想 >
 今回栄港建設にインタビューをする前は、建築業界はやはり男性が活躍する業界というイメージを強く抱いていましたが、栄港建設では建築業界で働く女性が活躍できるようなプロジェクトを様々行っていました。私はインタビュー当日、WHAIS主催の「暮らしワクワク教室&家づくり展2016」というイベントに参加しました。そこではセミナーやワークショップが行われており、私は、「空き家で悩む大家さん、いらっしゃーい!」と「めざせ!素肌美人!シンプルケアワーク」という2つのセミナーを受講しました。建築業界の話を聞く予定で参加していたのですが、美容についても学ぶことができたので面白かったです。
 また、栄港建設さんは建築というジャンルに縛られず、新しいことにどんどん挑戦していくパワフルな会社だと感じました。

会社HP
Jobwayページ

≪ インタビュアー・執筆:専修大学経済学部 2年 ≫
posted by ジョブー at 12:50| 企業紹介