2018年10月15日

株式会社ワンウィル @

【 インターンシップ生の企業インタビュー2018 】

第19回:株式会社ワンウィル

事業内容:環境資材事業
所在地:神奈川県横浜市中区日本大通15番地 横浜朝日会館8F
HP:http://www.onewill.co.jp/

専修大学のインターンシップ生がワンウィルの管理部課長・松下様にお話を伺いました。ワンウィルは異国情緒溢れる横浜・日本大通りにあり、建材及び運送資材の開発・販売を行う会社です。地球にやさしい商品の開発に努めるワンウィルの話し伺うことができました!

IMG_0763.JPG

◆地球と生きていく
私「ワンウィルで働く皆さんの一日の仕事の流れを教えてください!」
松下さん「就業時間は9時から17時半です。初めに朝礼をして今日やることや伺うお客様の確認を済ませたら、各自の仕事に移ります。最後に商品の整理や在庫確認、事務スタッフとの情報交換、次の日の準備をします。」
私「お仕事をされていてどんな時に“やりがい”を感じますか?」
松下さん「営業だと、やはり大きい注文が入ったときは嬉しいですね。管理の仕事だと、例えば労働力を削減などのコストダウンで効率的な利益回収ができたときは嬉しく、やりがいを感じます。」
私「反対に苦労される点はどこでしょうか?」
松下さん「わが社の商品は中国の工場で生産しています。やはり文化・価値観の違いで質が変わってきてしまったり、天気によって納期のズレが発生してしまうことがあります。私自身は財務や経理管理、銀行との取引、労働環境の改善などを行います。特に銀行との取引は立場が難しいところもあって苦労しますね。」
私「社長と社員さんはどのようにコミュニケーションを図ってらっしゃいますか?」
松下さん「わが社の社長は非常にフレンドリーで、いつでもどこでもお話できる感じです(笑)また半年に一度、全体会議をします。飲み会とかも!(笑)業績や利益、問題、課題を話し合うと同時に交流も深めています。」
私「ワンウィルさんではどのような人材を求めていますか?」
松下さん「やはり誠実な方でしょうか。営業職であればお客様に好かれそうな愛嬌のある人柄が良いですね。資格の面では普通免許があると助かります。また事務職では簿記、倉庫管理であればフォークリフトの免許が必要になる場合があります。」
私「HPを拝見させていただいきました。“ケイソウくん”とても気になったのですが」
松下さん「“ケイソウくん”はわが社の一押しブランドです!きっかけは20年前以上になります。家の販売をしていた際に、社長がクロス(壁紙)の接着剤に含まれる有害物質を除去できないか、と言いました。それがきっかけとなって、人にそして環境に優しい内装建材としての珪藻土の開発を始めました!またすでにクロスをはってしまっているお家の方が利用できる除害スプレーの開発もしました!
また左官屋さんの協力によりDIY向けの一般の方が使いやすいペイントも開発しました!!詳しくはぜひ専用HPをご覧ください!」
Keisoukun style [https://www.keisoukun.com/]
私「松下さんがワンウィルに入社したきっかけは何ですか?」
松下さん「神奈川県内で働けることや環境に配慮した事業内容に感銘を受け、ワンウィルの力になりたいと思い入社を決意しました。」
私「どんな学生だったのですか?」
松下さん「大学に入学するころから経理の仕事を目指していました。ので、大学時代は簿記や、経営の基本知識を学んでいましたね。」
私「夢をかなえられたんですね!最後に目標を教えてください!」
松下さん「各事業を偏りなく向上させていきたいです!また、
“社員の幸せ→やりがい→利益・収入→家族の幸せ”といった好循環を生み出せるといいなと思っています!これは会社の目標でもあり、個人的な目標でもあります!」
私「ありがとうございました!」

IMG_0504.JPG

◇取材を終えて
近年DIY、とても流行していますね。ホームセンターでアルバイトする私は特にその流行を身近に感じています!今や男性だけでなく女性もDIYされるそうです!ワンウィルさんでは、女性に人気のパステルカラーのペイントも発売しています。松下さんとのお話で強く感じたのは、やはり“環境に優しい”です!地球温暖化や体に良いものを求める傾向の中、非常に素晴らしい精神だと思います!たくさん学ばせていただきました。取材のご協力ありがとうございました!
★地球を愛する心を忘れずに★(2年・西城)

Jobwaylogo.JPG

posted by ジョブー at 12:19| 企業紹介