2018年10月16日

株式会社応用ソフト開発 A

【 インターンシップ生の企業インタビュー2018 】

第21回:株式会社応用ソフト開発

事業内容:ソフトウェア開発
所在地:東京都中央区日本橋小舟町12-10 共同ビル(堀留)305
HP:http://www.appsoft.co.jp

専修大学のインターンシップ生が応用ソフト開発に訪問し、田中様・北森様・竹谷様に話を伺いました。

◆業務内容
主に医薬情報や電力情報、ビジネス情報システムの開発を行なっており、お客様からの委託をもとにデータマネジメントやシステムの運営なども行なっている。また自社でシステムやセキュリティソフトの開発も手がけるなど業務内容は様々である。その中でも医薬システム開発では、人間の生に関わる仕事のためデータの取り扱いが非常に厳しいそうだ。ITで人の生活を豊かにすると同時にソフトウェアの開発を通して人々の健康や安全にも大きく貢献しているのだと感じた。

◆主体的な人が活躍
同社はソフトウェア開発がメインの企業であるが、多様な意味での"ヒト"を大切にされている。ソフトウェアの開発であっても仕事には全てヒトが関わってくるため、人が大好きで、各々の夢のために主体的に学ぶことができるヒトが重宝されているそうだ。IT企業なので理系の人が多いと思われがちだか、社員研修などもしっかりしているため、プログラミングを一から学んだ文系出身者の方もたくさん活躍されているそうだ。

◆どんな人材を求めている?
 【人間力】応用ソフト開発では人と人との関係を大切にしている人を求めています。そしていかに向上心をもって仕事ができるか、主体的に動けるかがカギとなります!ソフト開発というと「the 理系」という感じがしてしまいますが、実際働く方は「文系」出身の方が多いのです。もちろんパソコンスキルや資格は必要なく、入社してから四カ月の研修でしっかり教わることができます!また、会社の永遠の目標である「お客様のために!」、そして近年の目標である「これからを支えるエネルギーの開発」に向けて、社長や社員さんと一緒に切磋琢磨できることが重要です!!

勉強会風景.JPG

◆OB・OGに聞いた!これやっとき!
 @田中さん(女性、入社3年目)
 ・出身学部:文学部
 ・業務内容:個人情報管理責任者、医薬品に関するデータの入力、正誤判定、検証など
 ・入社きっかけ:医学知識がなくとも人を救える!と思ったから
 ・やりがい:製薬会社から届く調査票では、様々な病名や薬剤名が出てくるため、この病気にはこの薬剤を使用する、医師はこう伝えたいのだなと、調査票の内容を理解することができたとき。
 ・夢:発言することへの抵抗感をなくしたい!周りから頼りにされる存在になりたい!
 ・アドバイス:「学生時代は大きな不安と小さな期待でいっぱいだと思います。特に三年の冬には卒業に向けての準備も就活もと大変です。焦って、心折れてしまうかもしれません。しかし、どんなに焦っていても、就職は“ご縁”だと思います。周りに流されないで。自分のペースで。そして、今しかできないことにたくさんチャレンジしてみてください!頑張れ!!」
 A北森さん(女性、入社1年目)
 ・出身学部:心理学部
 ・入社きっかけ:合同説明会でとても楽しそうな会社だと感じたから(ちなみに入社してからもその印象は変わっていません!)
 ・アドバイス:「社会人は毎日大変です(汗)そして、毎日が勉強です!それはまた学生とは違う学びです。今のうちに遊んでください!!(笑)遊びも勉強も、時間を有効に使ってください!」
 B竹谷さん(男性、入社1年目)
 ・出身学部:法学部
 ・入社きっかけ:合同説明会で社風がとても良かったから(研修も丁寧で、優しい人ばかりです!)
 ・アドバイス:「何かを作り、それが完成した時の喜びはとても気持ち良く、やりがいです!学生の間、まず卒業できないと意味がないですから(笑)やるべきことはきちんとやってから、遊んでください!習慣づけることは社会人になってからも必要だと思うので、今のうちに“習慣づけることを習慣づけて”みてはいかがでしょうか。」

仕事風景.JPG

◇感想
・当日は本社で取材させていただきました。鈴木社長が気さくなお人柄ということもあり、明るく働きやすい職場だと感じました。同社は、ソフトウェア開発は技術系の仕事ですが、多くの面で"ヒト"を大事になされていることが印象的でした。また、夢を持ち主体的に学ぶことの大切さに気付かされました。ありがとうございました。(1年・森畑)
・東日本大震災で福島原発の事故があり、原発に対する賛否はいまだ解決することはありません。鈴木社長は、「なぜ賛成か否かで考えるのだろう。僕はまず原発から離れて新しいエネルギーの形を考えればいいと思う」とおっしゃっていました。私もそう考えます。電気は人間にとって必要不可欠です。しかし、原発事故をはじめ、北海道の地震で道内が一つの火力発電所に頼っていたことが浮き彫りになったりと発電に対して解決しなければいけないことが山ほどあります。「災害大国日本だからこそ、いち早く高度な技術をもつ日本だからこそ、いち早く解決してほしい」と思います。応用ソフト開発さんの技術に期待です!お忙しい中、取材のご協力ありがとうございました。(2年・西城)

Jobwaylogo.JPG
posted by ジョブー at 12:45| 企業紹介