2018年11月05日

一般社団法人AOH A

【 インターンシップ生の企業インタビュー2018 】

第29回:一般社団法人 AOH

事業内容:障害者支援
所在地:横浜市都筑区茅ケ崎中央30-17
HP:http://chocolabo.or.jp/

専修大学のインターンシップ生がAOHに訪問し、会長・伊藤様と施設長・藤原様にお話を伺いました。

AOH2018_1.jpg

◆ショコラボの魅力
 障がい者たちに向けた就職支援の場としてチョコレートを扱ったのは同社が全国初の試みという。だが、伊藤会長はチョコレートを一つのツールとしてしか見ていない。それはいかに障がいを持つ人たちの才能を組み合わせるかということを考えており、フィールド(分野)に執着するのではなくどうやったら才能を引き出せるかということに邁進しているからである。このような努力もあり、ショコラボから就職した方の定着率は94.1%となっている。これは同一業界では通常の25%強の水準を誇っているという。

◆働く喜び
 障害者にマニュアルを見せてこういう風にチョコレートを作ると言ってもなかなか理解は容易にできない。言葉よりも可視化ないしは一緒に行動することによって仕事を覚えてもらう。そこで仲間が成長していく姿を見ることが喜びという。

◆理念経営
 同社は仕組みづくりで社会に貢献するということを掲げている。福祉の世界は賃金は安いが物心両方面を豊かにし新たなフィールドでやり抜くことで道が拓くという。ここを理解し福祉の分野に興味がある方ならここで働くのもよいと思う。

AOH2018_2.jpg

◇感想
 今回の取材では自身の考え方を変えられるようなお話をたくさん聞かせていただきました。健常者の作業に障碍者を合わせようとするのが今の世の中だと思います。私もそういう風に認識していました。ですが、このショコラボではそれらの人々のあるがままの才能を組み合わせ新しい価値創造を行っている。このように健常者に合わせるのではなく障害者に合わせた社会づくりを広めて行けたらいいと思った。(1年・小山)


Jobwaylogo.JPG
posted by ジョブー at 08:00| 企業紹介