2018年11月12日

岡村建興株式会社 A

【 インターンシップ生の企業インタビュー2018 】

第34回:岡村建興株式会社

事業内容:建設
所在地:川崎市川崎区鋼管通4-5-3
HP:http://www.okamurakenkoh.jp/

専修大学のインターンシップ生が岡村建興に訪問し、代表取締役・岡村清孝様にお話を伺いました。

◆仕事内容
 土木工事業という建設業とコンクリート製品製造業というメーカーの2つの事業を柱に持つ会社である。土木工事は公共工事であることが多く、その場合、発注者は川崎市で入札という方法で受注している。工事部は主に公共・公益土木工事を受注し、施工している。機工部は土木工事の作業の工程の内、「堀削」という工程に特化しているので他の建設会社の「下請」を担っている。製品部は主に道路用資材のコンクリート製品を製造販売し、住宅部はマンションや住宅建築用資材のコンクリート製品を製造販売している。製品部は横浜市で唯一のJISの認証を持っている。

ok2018_1.JPG

◆楽しみを見つけよう!
 「仕事とは元々厳しいものである、つまらないも面白いもない。面白くするのは自分なんだ。」と岡村社長はいう。だから、何でも楽しめる人や何か楽しみを見つけられる人に会社には入社してほしいという。そこで仲間と楽しくやっていくことが出来れば仕事人生は楽しくなるという。新卒の場合でも会社が教育支援するので文系であっても入社二年目で現場監督を任されることもある。中途採用でも、資格はなくとも経験があり、そしてなんでも楽しめる気持ちがあればウェルカムだという。

ok2018_2.jpg

◆魅力
 同社で働くことの魅力として長年に亘って社会貢献の形が見えるということである。誰もが利用する道路や下水道を造ることを仕事としているので、担当した自分にはここからここまでは自分がやったところだということがわかる。当然担当した人以外には他の部分と何が違うのか分からないかもしれない。しかし、分からないくらい「元の街」に溶けこむように自分がやり遂げ社会のためになっているということを実感する時、本人はとてもうれしいと思う。

ok2018_3.jpg

◇感想
 普段何気なく自分たちが使っている水が通る水道管の清掃作業の写真を見せていただいたが、人が入るスペースを作ってから作業を行っていたので自身が想像していたより過酷な作業だと思った。こういう方々の仕事のおかげで我々は安全に生活していけるのだとお話を伺い改めて思った。また、仕事を受けてから実行に移すまで様々な準備をする中で様々な方々と連携、コミュニケーションしながら仕事をしなければならないので協調性だけでなく社交性も必要と思った。(1年・小山)

ok2018_4.JPG

Jobwaylogo.JPG
posted by ジョブー at 09:00| 企業紹介